fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆JFE猫問題 JFEの猫達 無念!川崎市から5団体への回答
2022年12月13日 (火) | 編集 |

TNR          
獣医さん、正社員・アルバイト週一日より求人 一日体験歓迎!
■野良猫診療助成金のご案内   


 獣医さん、大募集!! ご協力ください!!

犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、年明けより、
  香川県での野良猫不妊手術を開始します。

aa_202105250104363c8s_202212120333309d0.jpg

始動します!! 2023・1・9(月)   主催 アニマルスマイル香川
   香川スぺイクリニック
ご予約の前に必ずご確認ください。 
http://kagawa-spay.com/operation/
野良猫不妊手術 予約受付中!!連絡先 : 090-9776-1730

香川県で、飼い主のいない犬猫たちのために活動されるボランティアの皆様のお力になれますように、そして、香川県の動物愛護が進み不幸な命を救えますように協力を惜しみません。
野良猫の不妊手術を加速し、まずは、来春の野良猫の出産を防ぐよう一頭でも多くの不妊手術に臨みます。
詳細につきましては、順次発信してまいります。
香川県で、また神奈川県で不妊手術に協力いただけます獣医さん、御連絡をお待ちしています。
また、関心をお持ちの獣医さん、臨床経験がない獣医さんもお気軽にお問い合わせください。
             
                   メールフォーム


☆JFE猫問題

JFEの猫達 無念!川崎市から5団体への回答

寒さにふるえるこたち
野良猫なのに、保護をさせてもらえない
川崎市は橋渡しもしてくださらない

ただ、JFEの敷地だというだけで、おかしいと思いませんか?
飼い猫になれるチャンスがまたつぶされようとしています。



j_2022121301134376a.jpg


5団体 「ここから猫達を家庭へ繋ぎたい、保護したいので橋渡ししてください」
川崎市 「橋渡ししません」



11月17日
川崎市から犬猫救済の輪へ返信がありました。
JFEスチールの敷地に居る飼い主のいない猫の保護を申し出ている他団体様にも川崎市から橋渡し拒否のの回答が届いていることがわかりましたので、本日公開いたします。

犬猫救済の輪を含め、JFEの猫を保護したいので川崎市に橋渡ししてほしいと要望している5団体に対し、川崎市から橋渡しを拒否する回答が届きました。
JFEスチール敷地ではまだ未避妊の猫も多数いて子猫も生まれています。
JFEスチールルートの譲渡は、進んでいない様子です。JFEスチールが連携先に選んだ神奈川県動物愛護協会ですが、保護はほとんどできていません。今後も難しいようです。
川崎市獣医師会所属の16病院は、本業は診察ですので、やはりはかどっていないようです。

飼い主のいない猫だということは川崎市もJFEも認めているので、それならば、すぐに保護したい人へ猫を渡すよう便宜を図って下さい。
JFEスチール敷地は危険がいっぱいで地域猫をするような場所でもなく、一般的にも地域猫より飼い猫になれる方が良いのです。
川崎市役所の譲渡ルートが開通しない限り、猫達は飼い猫になれず、寒さに震え、来るべき工事の危険にさらされることになります。
川崎市役所は保護の橋渡しをして下さい。



(川崎市から犬猫救済の輪への返信)

From: 総務企画局都市政策部企画調整課市民との対話担当
<17kityo-s@city.kawasaki.jp>

 メール拝見いたしました。
  
 JFEスチール株式会社東日本製鉄所構内の飼い主のいない猫については、敷地の管理者であるJFEスチール株式会社が、敷地内の管理の一環として、「川崎市猫の適正飼養ガイドライン」に準じた猫の管理を行っている状況であり、敷地内の猫の把握に努め、給餌・給水、不妊去勢手術や譲渡等に取り組んでいます。
 これらの取組は、今後も継続していくことが大切であり、そのためには管理者であるJFEスチール株式会社が主体となって取組を進めていくことが望ましいと考えています。
 同取組に関して、たくさんの方々からいただいている御意見については、JFEスチール株式会社を含めた関係者間で共有しており、同取組における連携先を決定するのは、あくまで、同取組を行っているJFEスチール株式会社であると考えています
が、JFEスチール株式会社でも譲渡を進めているところですので、本市としても、引き続き当該地の猫について見守りながら、必要な支援を行ってまいります。
 南渡田地区の拠点形成については、現在、北地区からの段階的な整備に向け関係者間で具体的な内容を検討しているところです。本市としては、工事の進捗により猫が危険な状況にならないよう、引き続きJFEスチール株式会社に対して適切な対応を求めてまいります。

川崎市長 福田 紀彦

受付番号 04-001623

(動物愛護に関すること)
担当 健康福祉局保健医療政策部生活衛生担当
電話 044-200-2447
メールアドレス 40seiei@city.kawasaki.jp

担当 健康福祉局保健医療政策部動物愛護センター
電話 044-589-7137
メールアドレス 40dobutu@city.kawasaki.jp

担当 川崎区役所地域みまもり支援センター衛生課
電話 044-201-3222
メールアドレス 61eisei@city.kawasaki.jp

(南渡田地区拠点整備基本計画に関すること)
担当 臨海部国際戦略本部 戦略拠点推進室 
電話 044-200-0764
メールアドレス 59senryaku@city.kawasaki.jp

閲覧注意
惨い写真ですが、これが昨年秋、問題が発覚した後も続いていたJFEスチール敷地の猫の状態です。








2022-12-13.png





☆JFE猫問題関連
★JFE構内、11月30日の扇島の猫達 ★JFE扇島救出のウミちゃん腎臓、心臓、黄疸、貧血、これ以上の出来ることはない中でも・・・。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8104.html


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。




スポンサーサイト