fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆JFEスチール猫問題 JFE担当者の重要発言がありました
2022年10月28日 (金) | 編集 |
☆JFEスチール猫問題 
  JFE担当者の重要発言がありました


  子猫が産まれている!
  獣医師会ルートの譲渡も進んでいない可能性


   

昨年秋、JFEスチールの猫問題が表面化した時から、実に大勢の方が、JFEスチールに電話をして下さっています。
10月27日、電話をかけて下さった方からの情報です。
電話をかけて下さった方(A様)は、今までに3500頭以上の飼い主のいない猫の不妊手術をしてこられ、猫について豊富な知識と経験をお持ちです。
 

  JFEスチール東日本製鉄所の担当者の話(要約)

  
1)「 川崎市が猫を引き取りたいと言ったら猫を渡しますか。」の質問に対し、仮定の質問にはお答えできない。

2) 会社の方針として、譲渡は川崎市獣医師会と神奈川県動物愛護協会の二者だけと決めている。

3) 今まで川崎市獣医師会で不妊手術した猫の数は192頭だが、
  そのうち何頭、JFE敷地に戻したかは答えられない。
  なぜならそれを答えてしまうと、獣医師会ルートで里子に何頭出たかわかってしまうから。


4) 耳カットしていない(未避妊の)猫の数はわからない。

5) 子猫が産まれている。


つまり

JFEスチールでは譲渡出来た猫の数は知られたくないというのは、
譲渡が進んでいない、言えるような数ではないということなのでしょう。

そして、未避妊の猫の数を把握していないため、今も子猫が産まれてしまっているのだそうです。

一代限りの猫を見守るのが地域猫ですが、すでに次の世代が産まれてしまっているのです。

川崎市の指導は、神奈川県動物愛護協会(民間)のアドバイスは、どうなっているのでしょうか?



A様談(要約)
川崎市はJFEスチール敷地の猫の実情を把握できていないし、ちゃんとした指導もしていないのです。今も不幸な子猫が産まれているということは深刻です。これから冬の寒さの中、子猫たちはどうなるのでしょうか?

神奈川県動物愛護協会も、まともなアドバイスをしていると思えません。、JFEスチールが今まで10年以上、猫達にどんな仕打ちをしてきたのか猫達の哀れな写真が語っています。

この会社をそのままにしていたら、今回の騒ぎが沈静化したら、再び、猫達にどの様なことをするかわかりません。いえ、今でも中のことは誰にもわからないのですから、猫達がひどい目にあっている可能性もあると思います。

猫達を駆除する目的で兵糧攻めにした会社です。
どれだけの猫達が無残な死に方をさせられたのか…。
その数と死に方を想像しただけでも、近年にない大規模な動物愛護法違反ではないでしょうか。

これはJFEに忖度している川崎市の責任です。




閲覧注意  惨い写真ですが、これがJFEスチールが猫達にしてきたことです。








d_202210200520328ef.jpg c_202210200520309dc.jpg
a_2022102005202726c.pngb_20221020052029cda.jpg
e_2022102005203386d.png20220311_225116.jpg



物言えぬ動物たちの声になろう。JFEの猫達の為に、一言でもご意見を川崎市に。


皆様へ 
  
  川崎市の福田市長にご意見を届けてくださいますようお願いいたします。
  
  「福田市長はJFE渡田の猫達を希望する団体に引き渡してください」


川崎市長へのご意見はこちらにお願いいたします
総務企画局秘書部秘書課
電話:044-200-2010
メールはこちらへ
17hisyo@city.kawasaki.jp



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆JFE猫問題 重大な局面 

途中からこの問題に関心を持って下さった方に・・JFEスチール猫問題→ま と め 

20211003watarida_202210110611563df.jpg
☆10.24JFE猫問題 弁護士の坂本博之先生が川崎市の福田市長に緊急提言 国民の多くが福田市長に求めていることは「飼い主のいない猫を希望する里親に繋ぐため、愛護センターに取り次ぎをさせてください」というごく常識的でシンプルな要望。一刻も早く、決断されますようお願い申し上げます。(提言書本文から)
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8088.html


☆10.07弁護士坂本博之先生が再度、川崎市にJFEスチールの猫達の引取りを希望している団体に橋渡しするよう要請なさいました。 「飼い猫にしてもらえるチャンスをつぶされている」
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8092.html

☆10.03付け配達 川崎市より坂本弁護士事務所に回答
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8094.html

☆JFE南渡田に取り残される猫問題・川崎市の無責任なパブコメ回答に
  弁護士・坂本博之先生が川崎市に物申す

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20220921.html

☆10.14「ねこ、いいよレスキュー」(神奈川県横須賀市)の冨田代表が川崎市長に申し入れ
「JFEスチールの猫達の受難は、同じ神奈川県で起きている事とは思えないほど悲惨」
「若くても過酷な状況に置かれたJFEの猫達のためにできるだけの事はやっていきたい」
https://nekorescue.blog.fc2.com/blog-entry-858.html

☆10.05一般社団法人「ねこかつ」さんの梅田代表理事が川崎市に申し入れ 「当方で、JFE敷地内にいる猫たちを引き取る用意がございます」 「川崎市が行政として、いま以上に積極的に動いていただけないでしょうか。」
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8081.html

☆認定NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPINさんが川崎市長に申し入れ。CAPINシェルターへのJFEスチールからの猫迎え入れについて
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8084.html

☆10.2高円寺ニャンダラーズさん 佐藤代表が川崎市長に申し出
  JFEスチール渡田の猫達をシェルターに引き取ります 川崎市は取り次ぎを!
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8077.html

☆9.26 犬猫救済の輪では、JFE南渡田地区の猫の引取りを川崎市長に申し出ました。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-8071.html
スポンサーサイト