fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 民主党  粕谷葉子 川崎市議会議員 高津区
2011年01月12日 (水) | 編集 |
☆次回里親会

1月15日(土)13時~17時 雨天決行
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR 日本動物福祉病院内


DSC04869.jpg

DSC04854.jpg

DSC04860.jpg



民主党  粕谷葉子 川崎市議会議員 高津区

川崎市に暮らして22年。
動物愛護活動は、ここから始まりました。
野良猫の街 川崎
たったひとりで何もわからずに不幸な命がかわいそうすぎて、どうしたら助けられるかと苦悩の年月でした。
多くの動物たちと多くの人たちとの出会いがあって、今、私の周りには、命への想いを共にして無償の愛で不幸な命を幸せにしてあげたいと手を差し伸べるボランティアさんたちが何十人もいます。
仕事を越えて不幸な動物たちを救いたいと献身的に惜しみなく治療にあたってくれる獣医さんがいます。
自分にない知識は、活動を通じて知り合えた知人が沢山の事を教えてくれます。
市議会議員、国会議員、始めたころは、ひとりも知りませんでした。
動物を救うために勇気を出して、多くの先生方の力をお借りしました。
今では、ひとりで会いに行くこともしばしばです。
人前で話をすることなどとてもできなかった私が、私が動物たちの心の叫びを代弁しなくてはと思ってからは、話下手なりに必死でした。

今もなお野良猫の街 川崎 まだまだ変えていかなくては。
私の力などでは全然足りない。
もっと力が欲しい。

平成19年(2007年)の川崎市議会からこのような、議会議事録を見つけました。
粕谷葉子委員の発言に共感する発言が多く、大変関心が湧きました。
私たちの気持ちが伝わるのではないでしょうか。
川崎市の動物行政の発展のために力になっていただけたらと期待しています。


「いつでも、いらっしゃって下さい。」とお声をかけていただきました。
なるべく早くに、面談に行ってまいります。


平成19年(2007年)川崎市議会
平成19年3月2日(金)

○粕谷葉子委員 ペットの遺棄についてと保育園受け入れと待機児童についてを健康福祉
局長に、そして、職員の意識改革についてを総務局長に、食育についてを教育長に聞く予
定であります。4点の質問を一問一答で行わせていただきたいと思いますが、2番目の保
育園受け入れと待機児童については、まだ回答を私は得ていませんので、そのやりとりに
よって、教育長、今まで御活躍だったので、お休みというわけではありませんけれども、
済みません、食育については、また機会がありましたらということになるかもしれません
ので、御了承いただきたいと思います。
 まず、ペットの遺棄について健康福祉局長に伺います。宮前区のごみ集積場で、ゲージ
に入れられたままペットが捨てられていたということがありました。神奈川新聞では老犬
と書いてありまして、その次の日の朝日新聞には2歳と8歳のシーズー犬の雌と正しく書
いてありました。老犬と書かれると引き取り手がなかなかあらわれないという現象もあり
ますので、そこで追跡調査を行わせていただいたところ、2歳のシーズーは善意の方にも
らわれていったそうですけれども、まだ8歳のシーズー犬は残ってしまいました。結果は
どのようになったのか、伺います。ペットは、いやしと言いながらも、さまざまな事情で
飼えなくなって、手放さなければならなくなるという事情もあると思います。それが動物
愛護センターにおいてどのぐらいの相談量なのか、その相談内容はどのようなものか、ど
のような処理を行ったのか、伺います。また、ペットブームを背景にいたしまして、安易
に捨てるという犯罪行為が横行するようでは、心のすさみ方も激しい状態なのかなと現状
では思いますけれども、ゲージに入れて捨てるなどということは今までになかったことと
思いますが、今まで何件ぐらい動物の遺棄があるのか、その反対の善意の引き取り者の数
はどのぐらいあったのか、伺います。
○入江一健康福祉局長 ペットの遺棄についての御質問でございますが、初めに、宮前
区のごみ集積場でゲージに入れられた状態で拾得されたシーズー2頭についてでございま
すが、複数の引き取り希望が寄せられております。
 次に、動物愛護センターにおける相談についてでございますが、飼い主からの相談件数
は平成16年度は261件、平成17年度は266件、平成18年度は現在まで204件と、ほぼ横ばいの
状況でございます。その相談内容でございますが、主に飼い主の病気、引っ越し、飼い犬
の病気、老齢のための行動異常などの理由によるものでございます。また、その対応につ
いてでございますが、飼い主に命あるものとして動物の大切さを説明し、終生飼い続ける
ことができないか再考を促しているところでございます。それでも引き続き飼うことが困
難な場合は、動物愛護団体を紹介するとともに、動物愛護センターで行っているコーディ
ネート事業での飼い主探しを勧めているところでございます。なお、動物愛護センターに
やむを得ず引き取られたり、あるいは捕獲収容されて飼い主が見つからなかった場合には、
本市が全国に先駆けて参画しております環境省の動物の再飼養支援システムを活用し、新
たな飼い主探しに努めているところでございます。平成17年度にはコーディネート事業に
より5頭が、再飼養支援システムにより15頭が新たな飼い主に譲渡されております。
 次に、遺棄についてでございますが、犬の捕獲収容数は平成17年度は250頭で、そのうち
飼い主が判明し返還された犬は140頭ありましたが、遺棄されたものか逸走してきたもの
か、判別することは困難でございます。
 次に、収容された犬の譲渡者数でございますが、平成17年度に動物愛護センターで引き
取った149頭と、捕獲収容されて返還されなかった110頭の計259頭のうち69頭を、譲渡を前
提とした講習会に参加された61名の方に引き取っていただいておりますが、残念ながら、
残りの190頭はやむなく処分したところでございます。以上でございます。
○粕谷葉子委員 解決というか、譲渡に向けた引き取りに対する対策は、例えば広報など
はどのように行ったのか、伺います。また、高齢化によって、自分がまずみずから入院し
なければならなくなって、ペットを飼えなくなった場合などが多くなっていると思います
けれども、相談したい場合はどこにすればよいのか、伺います。今回のように多く処分さ
れることは本当に痛ましい気持ちになりますので、少しでもかわいく見せるために、民間
の方もカット技術を持った方がいらっしゃいますので、ボランティアとして多く募ってい
ただいて、そういうふうな形で犬をきれいにして、引き取っていただけるような状況を多
くつくることが必要だと思いますので、この見解を伺います。さらに、高齢化に備えての
ペットに対する体制整備が、また必要だと思っていますが、伺います。今度ペットが飼え
なくなったときに、相談所とかペット滞在所などをつくる方がいらっしゃった場合に、積
極的に予算をつけて対応してかかわっていくべきだと思いますが、伺います。
○入江一健康福祉局長 ペットの引き取りについての御質問でございますが、初めに、
引き取り対策についてでございますが、狂犬病予防注射時、動物愛護週間中の動物愛護フ
ェアや動物慰霊祭などの機会をとらえまして、終生飼養の大切さの啓発に努め、広報して
いるところでございます。また、動物愛護センターのホームページを活用して飼えなくな
った犬を仲介するコーディネート事業や、環境省の全国ネットワークによる再飼養支援シ
ステムにより、新たな飼い主探しに努めているところでございます。さらに、動物愛護セ
ンターに収容された場合には、獣医師による予防接種、駆虫剤の投与及び健康診断を行い、
また、シャンプーやトリミングを施し、できる限り良好な状態にして譲渡率の向上を図っ
ておりますけれども、今後はこれらの技術を持っているトリマーや一般市民、ボランティ
アの協力も求めながら、1頭でも多くの犬の新たな飼い主探しに努めてまいりたいと存じ
ます。
 次に、高齢化に伴う相談体制についてでございますが、各区の保健福祉センターや動物
愛護センターで相談を受けており、さらに、かわさき犬・ねこ愛護ボランティアや動物愛
護団体を紹介して相談機会をふやし、新たな飼い主探しに努めているところでございます。
 次に、ペットが飼えなくなったときの対応についてでございますが、動物愛護センター
の機能拡充や新たな飼い主探しのネットワークの拡大を研究してまいりたいと存じます。
以上でございます。
○粕谷葉子委員 いずれにせよ、平成18年度は処分頭数が随分多かったように思います。
ことしは少ない予測だと伺っておりますけれども、昨年の多かったのは、頭数を多く抱え
た方が飼えなくなって―60頭とかですね―そういうことが一つの原因としてあるとい
うことを伺いました。ということは、それだけペットなりが多く、頭数がふえると対応し
切れない現状がやっぱりあるのかなと思います。そういうときには少し滞在期間などを延
ばしていただいて―ふだんでも延ばしていただくことが重要だと思いますけれども、そ
ういう対応を図ることが必要だと思いますが、伺います。また、環境省の支援システムで
は、病気とか障害を持った犬は譲渡できないということでありますけれども、今回のシー
ズーは2匹とも目に異常があったということなんです。やっぱり狭いところでそのまま放
置されたのでしょう。目をこすりつけて化膿して、そのままにしたことが原因だと思いま
すが、環境省の特例として、それが認められて譲渡をされたということがあるので、こう
いった特例はあって、すばらしいことだと思いますので、できればこういう条項を撤廃す
べきと思いますが、見解を伺います。
○入江一健康福祉局長 ペットの譲渡数をふやすことについての御質問でございます
が、初めに、動物愛護センターに収容されました動物につきましては、同センターの収容
機能を最大限に有効活用し、収容期間の延長を図りながら、1頭でも多くの犬の新たな飼
い主探しに努めてまいりたいと存じます。
 次に、譲渡する際の判断についてでございますが、環境省の譲渡支援のためのガイドラ
インに基づき実施しておりますが、本市におきましては、たとえ病気や障害を持った犬で
も、命の大切さを第一に、1頭でも多くの犬が譲渡されるような柔軟な対応に努めてまい
りたいと存じます。以上でございます。
○粕谷葉子委員 収容期間の延長を図ってもいただけると。さらに、そういう部分では病
気でも譲渡ができるようにするということでありますから、もう一つ、環境省にその部分
は働きかけをしていただきたいと思います。一般のほかの都市でもそういう形でできるこ
とを私は祈っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


民主党 粕谷葉子川崎市議会議員 高津区 

応援メールはこちらへ
  kasuya@yoko-ni-diving.com
ホームページ    http://www.yoko-ni-diving.com/index.html

新春のつどいがあるようですね。川崎市のボランティアさんたちと行けたらいいな。
      http://www.yoko-ni-diving.com/activity/10/04_bk.html



★殺処分 今年度ゼロ 千代田区
★大阪市 約970の公園で官民連携で譲渡先探しなどを進める「市民サポーター」の募集



「動物愛護管理法」署名にご協力下さい!
banar_20101217.jpg


●ご協力、お願い申し上げます。

・成猫用ドライフード種類問いません。毛玉ケアも歓迎。開封したもの、期限の近いものすぐに使わせていただきます。病気で自力で食べられない猫が多く、a/d缶のご支援をいただけましたら助かります。猫用トイレの紙砂 ペットシーツワイドサイズ。
・センター引出の子猫をパルボウィールスの脅威から守るためにワクチンカンパにご協力ください。約1500円で、一匹の子猫にワクチン接種を受けさせてあげる事ができます。多くの命が救われますように、ご協力をお願い申し上げます。
支援物資受入先 (毎週火曜日午後2時から8時までのお時間でお受けさせていただいております。)
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

カンパのお振込先
お振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
いつも、お世話になりましてありがとうございます。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。


●消えていく命       ●ココニャン一家の縁結び

●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター    ●横浜市畜犬センター ●ちばわん 愛護センター・レポート●熊本市動物愛護センター  
飼い主さん迎えに行ってください。犬を飼われている方、首輪に名札電話番号を付けてください。これから犬を飼われる方、ペットショップで買わないでください。センターの収容犬猫を家族に迎えてあげて下さいませんか。

ボランティアさん達のブログ

●猫トモへの道   ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記  ●ちび助ママのブログ
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


「TNRってなあに?」
 1kanban1.jpg
<TNR日本動物福祉病院 獣医・AHT募集中 アルバイト可>


動物福祉病院設立基金
目標額10,000,000円   現在の合計額は8,090,383円です。ありがとうございます。

「動物福祉病院設立基金のお願い」につきましては、本開業日の2011年2月2日をもちまして閉め切りさせて頂き、後日、会計報告をさせていただきます。あと少しの期間でございますが何卒、「動物福祉病院設立基金」へのご協力を宜しくお願い申し上げます。
              2010年12月27日  犬猫救済の輪 結 昭子  


pittobana.jpg    
 

スポンサーサイト