fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 拡散!!☆厚岸町 『たぶんノイヌだろう』で銃殺? 犬猫救済の輪二回目の質問に厚岸町長からの回答(全文)
2021年05月10日 (月) | 編集 |
拡散!!☆厚岸町 『たぶんノイヌだろう』で銃殺? 
犬猫救済の輪二回目の質問に厚岸町長からの回答(全文)



僕たちは鉄砲で撃たれたり、苦しい注射で殺された
僕たちが悪いことをしたという証拠も無いのに・・・


厚岸町より2回目の回答が来ました。
大変、残念な内容です。

ノイヌとキツネの乳牛に対する被害状況は同様であり、被害は人がいない夜間に発生することもあり、どちらの動物が行った被害なのか判断ができないケースがある(厚岸町回答より)

厚岸町 たぶんノイヌだろうで銃殺?

aa_20210505025952f81_20210509051801fad.jpg





厚岸町長からの2回目の回答文(全文)

犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院                  厚環環第16号           
代表 結 昭子 様                          令和3年4月23日
                                   
                                  厚岸町長 若狭 靖(印)

  ご質問への回答について
日ごろから、町政に関心を寄せていただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきましたご質問に関する内容については、別紙のとおり回答します。
なお、ノイヌの銃殺の判断はあくまでも町民の生命と財産が脅かされた場合において、やむを得ず行っていることであり、むやみに動物の命を奪うものではありません。
町といたしましても、できることなら銃殺されるノイヌがなくなることを願っており、今後においても畜犬管理者に対し飼育管理の徹底をお願いするとともに、人間と犬が安心して共存できる地域社会づくりを図ってまいりたいと考えておりますのでご理解くたさいますようお願いいたします。


(再質問1 )
少なくとも2020年(令和2年)のノイヌ銃殺数は11頭であると、職員の方が回答されています。
さらに「財界さつぼろ4月号」には「去年野犬を撃った・・・」というハンターの証言、「昨年、敷地内で野犬駆除を依頼し銃殺してもらった」との町議酪農家の証言が掲載されています。
少なくとも令和2年には最低限2件の銃殺があったといえます。
にもかかわらず統殺報酬金額の支出ゼロということについて、ご説明いただきたくお願いいたします。

(回答)
前回ご回啓をさをていただいたとおり、厚岸町ノイヌ駆除奨励規則における予算からの支出額は0円ですが、町が負怛金の支出を行っております、町の外郭団体である「厚岸町野生鳥獣被害対策協議会」からノイヌ駆除費用として、実施隊員(ハンター)へ支払を行った額は、令和元年度は、7頭42、000円、令和2年度は、11頭 66 , 000円となっています。
なお、町が厚岸町野生鳥獣被害対策協議会へ支出している負担金は令和元年度は3,400千円、そのうちノイヌに係る金額は21、000円、令和2年度は3 ,605千円、そのうちノイヌに係る金額は33 , 000円となっております。



(再質問2)
令和1年、2年共にきっちり同じ金額なのでしようか。
今和1年、2年立の被害額をそれぞれ具体的にどのように算出されたのかお答えください。
また、キツネを除外しノイヌに限定した被害額を令和1年度、2年度共にそれぞれご回答ください。



(回答)
被害額については、令和元年度5,100千円です。なお、令和2年度の被害についてはまだ集計が終わっておりませんので、ご了承願います。また、キツネを除外しノイヌに限定した被害額についてでありま すが、ノイヌとキツネの乳牛に対する被害状況は同様であり、被害は人がいない夜間に発生することもあり、どちらの動物が行った被害なのか判断ができないケースがあるため、個別の被害額の集計はしていませんのでこ理解ください。




(再質問3 )
町議酪農家による昨年・令和2年の銃殺はいつ、どのように申請され処理されたのか、被害の実態と当該 犬の確認は町としてどのように行ったのか、会計上なぜ表れていないのかこ回答ください。
(町議は公人ですのでプライバシーの侵害には該当いたしません。)


(回答)
財界さっぽろ4月号の記事の中で、「昨年、敷地内で野犬駆除をした町議の酪農家は」と記載がありますが正しく(は、「平成31年、敷地内でノイヌ駆除を依頼した町議酪農家は」であり、令和2年においてはこの酪農家からの依頼による銃殺は行っていません。
ノイヌ被害の状況については、牛舎などへ侵人し分娩後の胎盤や死亡した牛の内臓を食べ、さらには農作業中の人を威嚇し、危害を加えられる恐れがあったことから、町に対して相談が寄せられ、町はノイヌによる被害状況について現地確認を行い、厚岸町野生烏獣被害対策協議会に所属する実施隊員(ハンター) に駆除要請をしました。なお、駆除費用は、再質問1で回答しているとおりです。



回答からわかったことは

※厚岸町はこれからも犬の銃殺・薬殺をやめるつもりはない
※対策は飼い犬の飼育管理の徹底だけ
※ハンターに払うお金は、町役場の負担金→厚岸町野生鳥獣被害対策協議会→ハンター。負担金を出しているのに町予算からの出金がゼロと回答
※被害は夜、人が見ていない夜間に発生するので、犬がやったのか、キツネなのか、ほかの動物なのかわからない
※町議酪農家が犬の銃殺を依頼したのは確かである(平成31年)



皆様は、この回答をどう思われますか。
犬猫救済の輪では厚岸町長と厚岸町議会議長にあてて、課題解決のための10項目の緊急提言を送付いたしました。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7546.html
厚岸町が10項目を実現していただくよう、皆様からも申し入れをお願いいたします。
10項目は実際に自治体多数で実現していることです。


犬猫救済の輪から厚岸町への10の緊急提言(要望)概略
「命を粗末にしない町」を目指して
(1)現況調査の実施
(2)保護捕獲の実施
(3)捕獲したノイヌ、野犬の適正管理及び譲渡の実施
(4)ワーキンググループの設置・運営
(5)狂犬病予防法に基づく犬の登録、鑑札と注射済票の装着の徹底
(6)不妊去勢手術推進事業の開始
(7)「厚岸町ノイヌ駆除奨励規則」の撤廃
(8)「厚岸町犬猫殺処分ゼロを目指す条例」の制定
(9)「厚岸町鳥獣被害防止計画」の見直し、改訂
(10)厚岸町役場内に、動物愛護推進課あるいは担当者を設けること


全文はこちらからご覧ください
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7546.html




犬の銃殺、薬殺をやめて命を粗末にしない厚岸町にするよう、皆様の声を届けてください。



ご意見の届け先
町長へのポスト | 北海道厚岸町 (akkeshi-town.jp)

問い合わせメール
https://www.akkeshi-town.jp/inquiry/

厚岸町役場 電話番号: 0153-52-3131

厚岸町議会 TEL:0153-52-3131 FAX:0153-52-3138





犬猫救済の輪の活動を支えて下さい。
◆フォスターペアレント募集
センターや地域から引取り保護している傷病動物や多頭飼育崩壊による引取等、過酷な環境から救出された命が幸せな余生を過ごせますように手を差し伸べていただけましたら幸いです。

◆支援物資のお願い
楽天欲しいものリスト  
・紙砂80L・ペレット猫砂・たまの伝説腎臓配慮・たまの伝説まぐろ・たまの伝説かつお健康缶パウチ①健康缶パウチ ・黒缶各種 ・焼カツオ高齢猫用・猫ちゃん牛乳・箱シーバ・三ツ星グルメ・ロイヤルカナンベビーキャット・金のだしカップ14歳・チャオとろみ14歳・チャオとろみ11歳 ・猫おやつ・子猫用カルカンパウチ(チキン以外なら種類問わず)サンアイビス哺乳瓶 ・サンアイビス哺乳瓶仔猫用乳首細口 ・ウエットフードパウチや缶詰種類問わず・いなば金のだしバラエティー・金のだしパウチ・トイレの紙砂種類問わず・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド>・にゃんにゃんかろりー・猫缶④ ・猫缶⑤ ・高齢猫用① ・高齢猫用② ・高齢猫用③焼津のまぐろ・いなば金のだしクリーム・いなば金のだしカップ高齢猫用・段ボール爪とぎ・カロリーエース
※中古バスタオル・タオルケットお譲りいただけると助かります。
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(・例イリョウヒ ・例 一般活動支援 ・シェルター支援)等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例イリョウ ・例イッパン・例シェルタ)等とご入力下さい。
♥マンスリーサポーター様募集
クレジットカードより毎月500円からの定額ご寄付で、恵まれない動物たちを救うことができます。


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト