fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 体の歪みを治すリハビリ
2011年02月08日 (火) | 編集 |
ここでのリハビリはあと数日となりました。
今も、一日一日と麻痺した部分が修復されているのが実感できます。
歩くこともだいぶ上手になりましたので、ここでの仕上げリハビリです。

普通に立ったとき私の体は以前から少し左に傾いていました。
左足が少し短いと自分では思っていました。
椅子にかけても、左の脇から腰のあたりまで痛くて背筋を伸ばしたままいられずに、いつも左の力を抜いてだらーんと座っていました。
それに、今回の脳梗塞の麻痺が重なって余計に悪い姿勢になってしまいました。
リハビリの先生は、それを見て下さって体の歪みを治すというのです。

治すって言ったって、ここでのリハビリはあと何日もないのにそんなことできるのかしら。
でも、今までの一日一日が、本当に時間で体が修復されていくのを感じてきたので、私は、信じます。
やり方を覚えれば、帰ってからもできますし。
先生は、「本当なら、社会復帰するには、専門のリハビリ病院に転院してリハビリするところを、外来にするのだから外来でもいいところまでここでできるようにしたい。だから、教えたようにやってください。」とおっしゃってくださいました。

ありがたくて毎日感動しています。どうしてこんなに親切に一生懸命できるのだろう。
私も、喜ばれる役立つ良い活動ができているかな。早く、社会復帰して活躍したいな。



帰ったらすぐに一頭でもセンターに収容されている命を救いたい。
川崎市動物愛護センターに病院から電話してみました。
小型犬が何頭もいるそうです。
電話での話で、チワワ6才と、ミニチュアピンシャ1才の引取りを予定致しました。
来週センターに迎えに行くことにしております。

また、そんな無理してって。
いえ、大丈夫です。
ボランティアさんが、車を出しますと言ってくれました。
みんなの力を借りながら、協力して小さな命を救ってまいります。




五十歳の志から五年 「今、思うこと」
 「犬猫救済の輪」 「TNR日本動物福祉病院」 代表 結 昭子



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

ボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道   ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記  ●ちび助ママのブログ
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


「TNRってなあに?」
 1kanban1.jpg
<TNR日本動物福祉病院 獣医・AHT募集中 アルバイト可>


動物福祉病院設立基金
目標額10,000,000円   現在の合計額は8,219,846円です。ありがとうございます。

「動物福祉病院設立基金のお願い」につきましては、本開業日の2011年2月2日をもちまして閉め切りさせて頂き、後日、会計報告をさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。
              2010年12月27日  犬猫救済の輪 結 昭子  


pittobana.jpg     
スポンサーサイト